社員インタビュー

事務でも役職を目指せる評価制度があり、感謝される場面も多い、やりがいあるポジション。

営業本部 営業事務

橋爪 夏実

橋爪 夏実

安全書類の作成を先回りして工夫。


高校卒業後、農業協同組合勤務、派遣コーディネーターを経て、2015年、サンレールに入社。北関東営業所で営業事務としてグループ企業のサポートも担当するなど幅広く活躍。趣味はオンラインゲーム。


忙しい営業を社内からサポートするのが営業事務の仕事。所属する北関東営業所で内勤は私一人なので、電話応対や備品管理などの一般事務もしています。大切な仕事の一つは、営業やグループ企業が受注したアルミ手すりを生産本部に報告し手配すること。特にグループ企業の受注分の手配は私が一手に引き受けているため、「建物づくりのプロジェクトの一員」という実感があります。同時に、工事のためのゼネコン向けの安全書類の作成や請求業務も担当。安全書類はゼネコンごとに書式が違います。単に枠を埋めるだけでなく、「この会社の場合、これを報告するにあたり、関連するこの書類も添付した方がよさそう…」と少し工夫することで、「ありがとう!より安全な工事につながります」と喜ばれることが多く、やりがいを感じます。さらにその経験を営業にもシェアし、社内全体で安全書類のクオリティー向上を図るようにしています。





主任、係長、課長とステップアップを目指せます。

当社は事務職でも昇進を目指せる制度があり、上司との面談で具体的な目標を設定。半年後に振り返りの面談を行い、成長に伴い職級を上げていけます。行動や実績を数値で表すため、「上司の感覚で査定をする」に比べ、透明性や納得感が高く、何より目指す目標がクリア。私も1年後に主任昇格を目指そうと頑張っています。
この会社に入ってよかったと思うのは、折々に「達成感」を味わえること。職級のステップアップもそうですが、大きな工事現場に間違いなく製品を納品でき、建物が完成して製品のよい評判を聞く時は、自分がちゃんと役割を果たしていることが確認できて嬉しいです。
ある時、母が働くショッピングモールがリニューアルされ、エスカレーターの目立つ部分に当社の製品が使われました。母はそれを知らずに「職場がすごくおしゃれになって…」と私に報告してきて、「それ実は、サンレールのフラットレールだよ」と教えたところ、「え~!すごい」と褒められ、「ものづくりの質にこだわるメーカーでよかった」と誇らしく思いました。






全国の営業事務仲間と交流してモチベアップ。


日頃は営業スタッフに囲まれています。


サンレールの営業所は全国にあり、スタッフがオンラインで勉強会をしています。だから距離はあっても「営業事務仲間」の横つながりはしっかりあり、困ったときは気軽に相談したり、逆に相談を受けたりしています。また、感染症の流行がなければ、全国の社員が集まる社員旅行も定期的にあり、皆で楽しい思い出をつくったのちにLINEを交換して親しくなることも。オフにプライベートな会話をしてコミュニケーションを楽しんでいます。「一緒に働く仲間が、気さくないい人たち」というのも、私にとってはかなりポイントが高いです。また、北関東営業所は前橋工場に併設しており、実際にものづくりの現場を間近で見られることにも刺激を受けています。アルミ手すりのメーカーは珍しく、製品の美しさにはつくづく惚れぼれします。